四季ものがたり

七ツ森古墳郡 彼岸花Ⅱ

e0199197_23543528.jpg


e0199197_23551775.jpg


e0199197_23563854.jpg


A号墳は円墳で、直径20m、高さ4m。 
舟形式石棺は非常に小さく、生後間もない幼児のために造られたもので
B号墳は全長47m、高さ6mの前方後円墳。 
柄鏡形をした古式古墳で、組合式石棺に成人男子が伸展葬されていたらしい。

太古の昔、私たちのご先祖様のお墓の上をずかずかと歩いているわけで・・・
せっかく咲いた彼岸花も、無残に踏みつけられ折れてしまっているのもたくさん・・・
ここで子どもの姿は見かけない。
ほとんどがご年配の方々ばかり・・・
踏みつけられた花を見ると、もう少し気配りが欲しいなと、いつも残念な気持ちになります。
[PR]
by jijireofuku | 2012-09-26 00:09 | 植物